脂質代謝とは


・脂質とはコレステロールや中性脂肪の総称です。

・この脂質の体内動態を扱うのが脂質代謝内科で、脂質異常症が主な対象疾患です。

・以前は高脂血症と言いましたが、善玉コレステロールの低値も問題なので、高の字を使わず、脂質異常症と言うようになりました。

・LDL(悪玉)コレステロール高値、中性脂肪高値、HDL(善玉)コレステロール低値は治療の必要があります。

自覚症状が無いため、脂質異常症は採血検査を行わないと、まったくその存在に気がつきません。

しかし、脂質異常症が存在すると動脈硬化を起こしやすく、知らぬ間に血管が傷み、脳梗塞や心筋梗塞の危険性が飛躍的に高まります。

近年、非常に優れた薬剤の開発により、脂質異常症の多くが食事療法と服薬のみで良好にコントロールできるようになりました。

良好なコントロールを保ちさえすれば、傷んだ血管を若返らせ、脳梗塞や心筋梗塞の危険性を大きく減らすことができます。

「コレステロールが高い」「中性脂肪が高い」と言われたことがある方は、お気軽に一度受付までご相談ください。


TEL 077-514-8390

520-0242

滋賀県大津市本堅田5丁目20-10

アルプラザ堅田3F

糖尿病クリニック(とうくり)堅田